img-1

自然葬の意味と埋葬法

自然葬は遺骨を海や山に散骨して自然の中に還すという埋葬方で、基本的には墓石などの後々まで残る物は作りません。



最近では、故人の名前をプレートに刻印する樹木葬や、手元供養用の少しの遺骨を残す海洋葬など遺族のニーズに合わせたやり方もあるようです。


本来の自然葬からは少し外れますが、残された人々の悲しみを少しでも和らげるためのものでしょう。



手元供養の一つとして遺骨を少量いれたペンダントを作成してくれる所などもあるようです。

海洋葬の場合は、近隣の人に迷惑がかからないように、粉末状にしてから陸から一定距離以上離れたところで船上より散骨します。



遺骨を粉末状にする事や、船を借りる事などを考えると専門の業者にお願いするのがよいでしょう。



土の中に遺骨を埋葬する樹木葬の場合は、墓地として認可された場所である事が必須条件の一つになり、埋葬許可証も必要になります。



樹木葬専用の霊園や一般墓地の一画に樹木葬用の区画を作ったところ、お寺の裏山などを樹木葬用の場所として使っているところなどさまざまな場所があるようようなので、考え方や好みで選ぶとよいでしょう。



陸上で散骨する自然葬は、近隣の人々とのトラブルや場所の選定などで問題が多いので、陸上では墓地として認可された場所で行う自然葬を考えた方が良いかもしれません。

核家族化、高齢化、少子化などでお墓を将来に亘って守っていけない人々や、子孫に死んだ後まで時間的、経済的に負担をかけたくない人にとっての選択肢の一つにもなっています。

関連リンク

img-2

自然葬を希望する人が増えている

街なかにも墓地が増えている昨今、「お墓には入りたくない」「自然葬にしてほしい」と願う人も少なくはありません。身内がいない人や墓の維持を子供たちに強制したくないなどの理由もあり、自分亡き後の葬儀は簡単に済ませたいと考えている人が増えたことにもあります。...

more
img-3

現在よく行われる自然葬について

自然葬とは、遺骨や遺灰を墓地に埋葬するのでなく、海や山などの自然の大きな循環のなかに替えしてゆこうとする葬送の方法を言います。狭い意味では散骨であり、広い意味では風葬(遺体を洞窟などに置き自然の風化を待つ葬送の方法ですが、現在の日本では行われていません)鳥葬(チベット仏教で行われる遺体を鳥に食べさせる方法)水葬(インドノガンジス川で行われる遺体を川に沈める方法)火葬、土葬、樹木葬(墓碑として樹木を指定する葬儀の仕方、冷凍葬(遺体を冷凍して粉砕する葬儀の仕方)など、遺体が自然に蛙葬儀の方法全てをさすと言う考え方もあります。...

more