img-1

現在よく行われる自然葬について

自然葬とは、遺骨や遺灰を墓地に埋葬するのでなく、海や山などの自然の大きな循環のなかに替えしてゆこうとする葬送の方法を言います。



狭い意味では散骨であり、広い意味では風葬(遺体を洞窟などに置き自然の風化を待つ葬送の方法ですが、現在の日本では行われていません)鳥葬(チベット仏教で行われる遺体を鳥に食べさせる方法)水葬(インドノガンジス川で行われる遺体を川に沈める方法)火葬、土葬、樹木葬(墓碑として樹木を指定する葬儀の仕方、冷凍葬(遺体を冷凍して粉砕する葬儀の仕方)など、遺体が自然に蛙葬儀の方法全てをさすと言う考え方もあります。



近年、自然葬を望む人が多くなっていますが、それは自然に帰りたいと考える人が多くなったのと、核家族化や少子化により、これまでの家系を重んじた墓の管理体制が維持できなくなってきているからです。

日本でも江戸時代まで、自然に帰す葬儀の方法はいろいろな形で存続していましたが、1948年の「墓地、埋葬等に関する法律」で「埋葬または、焼骨の埋蔵は、墓地以外の地域に行ってはならない」と規定され、刑法に遺骨遺棄罪の規定もあり、戦後、散骨は違法行為と受け止められていました。



葬送の自由をすすめる会が1991年神奈川県相模沖で第1回自然葬を行い「遺灰を海、山に蒔く行為は、それが節度ある方法で行われるならば、それが法律に触れる事はありません。



私たちは先入観と慣わしに縛られ、葬送の自由を失っている」と主張しました。



それに対して法務省は「葬送の一つとして節度を持って行われる限り遺体遺棄罪にはならない」、当時の厚生省は「「墓地、埋葬等に関する法律は土葬を問題としていて、散骨については想定しておらず、この法律に自然葬を禁じる規定はない」と新聞社の取材に対して答えました。

この後、自然葬を望む人々が増えてきて散骨が一般化してきました。



関連リンク

img-2

自然葬の意味と埋葬法

自然葬は遺骨を海や山に散骨して自然の中に還すという埋葬方で、基本的には墓石などの後々まで残る物は作りません。最近では、故人の名前をプレートに刻印する樹木葬や、手元供養用の少しの遺骨を残す海洋葬など遺族のニーズに合わせたやり方もあるようです。...

more
img-3

自然葬を希望する人が増えている

街なかにも墓地が増えている昨今、「お墓には入りたくない」「自然葬にしてほしい」と願う人も少なくはありません。身内がいない人や墓の維持を子供たちに強制したくないなどの理由もあり、自分亡き後の葬儀は簡単に済ませたいと考えている人が増えたことにもあります。...

more