img-1

最近の日本での自然葬は海への散骨が中心です

自然葬とは、墓地などに埋葬せずに遺骨を粉砕して、野山や海に散骨する事を指します。



これは自然界の生き物である人間も、死後は自然に戻るべきと言う宗教観によって行われる埋葬に変わる方法です。



自然に帰ると言う考え方から、広い意味では世界で習慣として存在して来た土葬、風葬、水葬、鳥葬などを含める事もありますが、狭義では散骨を意味するものです。



日本ではかつては散骨が一般的であった時代が長く、江戸時代の檀家制度によって庶民が墓をもつようになり、更に明治時代後期になって一つの墓に一族が何人も入る現在のお墓のスタイルが確立されたものです。



最近、日本では自然葬を望む方が増えて来ているようですが、これは本来の趣旨である自然に帰りたいと言う想いの人が増えているのと同時に、少子化によってお墓を何代にもわたって維持管理する事が困難になって来た事が関係しているでしょう。
ところで自然葬の代表である海への散骨は法律的には問題はないのでしょうか。



この問題に対しては、法務省と厚生労働省は葬送の方法の一つとして、節度を持って行われる限り問題はなく、また墓地、埋葬に関する法律は、遺骨を海にお還しすることを禁止したものではないとの見解を示し、法律的には問題がありません。しかし、日本の沿岸部には漁港が多く、漁業権を持って漁をされている方が多く、こうした方々とのトラブルを避ける事が節度を持った散骨の条件と言う事になるでしょう。その為には、勝手に散骨をするのではなく、散骨を執り行う業者さんの下で行う事が大切です。



関連リンク

img-2

現在よく行われる自然葬について

自然葬とは、遺骨や遺灰を墓地に埋葬するのでなく、海や山などの自然の大きな循環のなかに替えしてゆこうとする葬送の方法を言います。狭い意味では散骨であり、広い意味では風葬(遺体を洞窟などに置き自然の風化を待つ葬送の方法ですが、現在の日本では行われていません)鳥葬(チベット仏教で行われる遺体を鳥に食べさせる方法)水葬(インドノガンジス川で行われる遺体を川に沈める方法)火葬、土葬、樹木葬(墓碑として樹木を指定する葬儀の仕方、冷凍葬(遺体を冷凍して粉砕する葬儀の仕方)など、遺体が自然に蛙葬儀の方法全てをさすと言う考え方もあります。...

more
img-3

最近の日本での自然葬は海への散骨が中心です

自然葬とは、墓地などに埋葬せずに遺骨を粉砕して、野山や海に散骨する事を指します。これは自然界の生き物である人間も、死後は自然に戻るべきと言う宗教観によって行われる埋葬に変わる方法です。...

more