img-1

自然葬を希望する人が増えている

街なかにも墓地が増えている昨今、「お墓には入りたくない」「自然葬にしてほしい」と願う人も少なくはありません。



身内がいない人や墓の維持を子供たちに強制したくないなどの理由もあり、自分亡き後の葬儀は簡単に済ませたいと考えている人が増えたことにもあります。日本では「散骨」「樹木葬」があり、散骨では沖の「公海」へ撒く場合は特別配慮を必要としませんが、他人の私有地に撒く場合にはその土地の所有者の同意が必要となります。



また樹木葬は花や木などの樹木を墓石の代わりとする埋葬の方法であるため、行政の許可を取った霊園や墓地に埋葬します。



樹木葬を行っている霊園や墓地を探し、施設の特徴や金額を調べ気に入ったところを選んでおくと安心です。



墓に入る、あるいは自然葬にする、どちらにしても火葬後の骨のゆくえであるため、葬儀を行うことは必要であり、ある程度の費用は掛かります。「樹木葬」を行う霊園や墓地は自然が豊かであり、旅行を兼ねた法事ができるなど周辺の環境が整えられている場所が多いのです。



またペットと共に眠れる墓地もあるので、そのあたりも「樹木葬」を希望する人が増えている一因となっていると考えられます。「散骨」においては、その土地の所有者の同意を得たからと言って周辺の住民に理解を得られていない場合もあるので、慎ましやかに行うことが望ましいとされています。



その地域全体の理解があれば堂々と散骨を行うことが出来ますが、中には嫌がる住民もおり、同意を得た土地の所有者のためにもその辺の気遣いをする必要があります。

今後益々自然葬を希望する人が増えていくことが予想されますが、散骨に際しての土地の所有者や周辺住民の理解を得られるような対策も必要となってくるでしょう。

関連リンク

img-2

自然葬の意味と埋葬法

自然葬は遺骨を海や山に散骨して自然の中に還すという埋葬方で、基本的には墓石などの後々まで残る物は作りません。最近では、故人の名前をプレートに刻印する樹木葬や、手元供養用の少しの遺骨を残す海洋葬など遺族のニーズに合わせたやり方もあるようです。...

more
img-3

最近の日本での自然葬は海への散骨が中心です

自然葬とは、墓地などに埋葬せずに遺骨を粉砕して、野山や海に散骨する事を指します。これは自然界の生き物である人間も、死後は自然に戻るべきと言う宗教観によって行われる埋葬に変わる方法です。...

more