img-1

自然葬は自然回帰なのです

私たちは死んだらどこで生き続けるのでしょうか、それは死に続けるのかとも言えます。


死ぬというのが無になるというのなら何処に葬られようと気にすることはないのですが、人間は死んでも何かが残るという思いがずっとあるのです。

これまではその何かが居る場所としてお墓がありました。

今、話題の便利な大阪のゴミ屋敷の有益な情報の紹介です。

でも最近ではお墓がその場所ではないとの考えもでてきました。



しかし、それは終の棲家となる場所が要らないというのではないのです。

東京の納骨堂に関する疑問が解決できます。

自分の最後の居場所を自然の中に自分自身が求めるようになってきたのです。
日本では葬儀の自由はありません。法的にも認められていないと思われています。実際に遺体をそのまま海や山に捨てるようなことはできません。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12140658282のお得情報を公開します。

しかし、遺灰を海や山に散骨をする自然葬は法律には触れないのです。

この狭い日本の中で墓地が占める土地のことで社会問題まで起きています。

死者は年々増えて、墓地に埋葬していけば生きている人々の使うべき土地をも占領してしまうことにもなりかねません。


大きな環境破壊を墓地を作るために起きている所もあるのです。そしてその金額も数百万円にものぼるのです。


そして、独身者や子供がいないような夫婦には霊園や寺などは喜ばないのです。墓地を購入したくてもしにくい人たちが増えていくことでしょう。

それ故に、自然葬を求める人たちが増えてきているのです。

https://okwave.jp/qa/q170845.html

お墓詣りは必ずしもお墓そのものでなくても良いのです。

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%82%AB%E3%83%86情報サイトを活用しましょう。

その人がいる海や山に詣でるというのが自然葬のお墓詣りになるのです。

関連リンク

img-2

最近の日本での自然葬は海への散骨が中心です

自然葬とは、墓地などに埋葬せずに遺骨を粉砕して、野山や海に散骨する事を指します。これは自然界の生き物である人間も、死後は自然に戻るべきと言う宗教観によって行われる埋葬に変わる方法です。...

more
img-3

自然葬の意味と埋葬法

自然葬は遺骨を海や山に散骨して自然の中に還すという埋葬方で、基本的には墓石などの後々まで残る物は作りません。最近では、故人の名前をプレートに刻印する樹木葬や、手元供養用の少しの遺骨を残す海洋葬など遺族のニーズに合わせたやり方もあるようです。...

more